2010年07月26日

ツール・ド・フランス最終ステージ、カヴェンディッシュ、シャンゼリゼ連勝でステージ5勝目。総合は今年もコンタドール!

ツール・ド・フランス公式ページ

ツール・ド・フランス第20ステージは、ロンジュモーからパリ・シャンゼリゼまでの102.5km。
いよいよツール・ド・フランスも最終ステージ。
ロンジュモーをスタートした総合優勝のコンタドール(アスタナ)らを含む集団は集団は例年通り、ゆるゆるとパレード走行。そしてパリに入り、シャンゼリゼの周回コースに入ると、シャンゼリゼゴールの栄冠をかけて多くの選手が逃げ、あるいはスプリントする。
果たして、パリ・シャンゼリゼのゴールを制するのは誰か、そして唯一残ったマイヨベール争いも気になるところ。

やはり今日のステージはゆっくり始まった。
異例とも言えるのは、チーム総合優勝を決めたレディオシャックがスペシャルジャージで出走しようとして、主催者(というか、UCIか)に止められてすったもんだしたこと。レディオシャックは、LIVESTRONGで世界中で2800万人の癌患者がいることをアピールする、黒字に28(2800万 = 28 million)と背番号のように書かれたジャージだったのだけど、最初見たのがゼッケン28番のポポヴィッチだったので、「あれ?今日は背番号のジャージ?」と思ってしまった。
最後にジャージを取り替えたアームストロング、ちょっと腹も立ったのか、安全ピンでちゃんと留めず、左右がずれてひらひらした状態で走り出してしまった…

結局この騒動で集団が待たされ、リアルスタートが遅れたが、まあ、今日の前半はゆっくりのステージ、ということで。
途中、マイヨジョーヌのコンタドールが2位シュレックと突然アタック?なんて冗談もあったり、選手たちがテレビカメラに向かっていろいろ話をしたり。ヴォクレール(BBOXブイグテレコム)が新城(BBOXブイグテレコム)について説明したり、その新城がチュッパチャップスをなめているなんてシーンも。
そしてコンタドールのチーム、アスタナの選手がそろって、これも恒例のシャンパンで乾杯。いや、きっとノンアルコールのはずですが(笑)
距離も短く、スピードも遅く、アップダウンもほとんどない。そして、もうあと少しで終わりと言うことで、選手たちの開放感あふれる顔が印象的な前半でした。

そのうち回りの景色が徐々に街になってきて、空撮でエッフェル塔が見えてくると、いよいよそろそろ最後のシャンゼリゼに向けて準備。いつしかセーヌ川沿いに走る頃にはマイヨジョーヌを擁するコンタドールのチーム、アスタナが集団の先頭に立って引き出す。
ただ、今年は2周回目にスプリントポイントがあるせいもあってか、早々にアスタナの選手たちは後方に下がる。
ここでラスト(レディオシャック)が最初のアタックをしかけ、いよいよ今年最後のツールでの戦いの火ぶたが切って落とされる。

何度か逃げ集団が形成され、最終周回までなんとか逃げ続けるが、ランプレ、そしてHTCコロンビアがそれを許さない。残り6kmで最後まで逃げていたクネース(チーム・ミルラム)、クローン(BMCレーシング)、セレンセン(チーム・サクソバンク)が吸収され、最後は集団スプリントの様相に。残り3km付近、最後の地下トンネルの手前でバレド(クイックステップ)がアタックを仕掛けるも、地下トンネルを出てすぐ吸収。広いリヴォリ通りで各チームが横に広がってそれぞれトレインを組み、優位に立とうとする。

コンコルド広場を抜けて最後のシャンゼリゼの直線に入ったとき、集団の先頭はサーヴェロ。先手を取ったサーヴェロ、アシストのランカスター(サーヴェロ・テストチーム)が先頭を引き、後ろにフースホフト(サーヴェロ・テストチーム)。その後ろにはペタッキ(ランプレ)、カヴェンディッシュ(HTCコロンビア)、ディーン(ガーミン・トランジションズ)が続く。
優位に立ったサーヴェロ、ランカスターがフースホフトを発射、しかし、フースホフト、伸びない。左からマイヨベールのペタッキがランカスターをよけて道の一番左端からフースホフトを抜こうとする。

そのとき、ペタッキの逆、道の右端から壮絶な勢いでディーンを引きちぎって、カヴェンディッシュがあがってきた。フースホフトをあっさりかわし、道の両側でペタッキと争う。
しかし、今のカヴェンディッシュ、強い。ペタッキとも全然スピードが違う。ペタッキも必死で追うが、あっという間に差がついてしまった。
最後は余裕のカヴェンディッシュ、笑顔で右手を広げ、5勝をアピールしてゴールラインを通過。そう、カヴちゃん、今年のツールステージ5勝目をシャンゼリゼ連勝で飾ったのだった。
2位はペタッキ、3位はディーン。フースホフトは7位に終わってしまった。

その後ろで両手の指を3本ずつあげて総合3勝目をアピールしつつ、コンタドールがゴール。これで総合優勝が決定した。
総合優勝はコンタドール。総合2位は過去3番目の僅差の39秒差でシュレック(チーム・サクソバンク)、そして総合3位は2分1秒差でメンショフ(ラボバンク)となった。
最後まで決まらなかった総合ポイント賞は結局ペタッキが最後まで守った。総合山岳賞のシャルトー(BBOXブイグテレコム)、総合新人賞のシュレックは変わらず。
新城(BBOXブイグテレコム)は最終ステージをカヴェンディッシュと同タイムの16位でゴール。総合112位で終わった。


しかし、僅差と言うこともあるのだけど、人間模様も様々あっておもしろかったツールでした。
力尽きたアームストロング、骨折のまま走り続けたエヴァンス、疲労で、落車で厳しいレースだったサンチェス、チェーントラブルで総合優勝を逃したシュレック、強かったけど最後まで苦しんでたコンタドール、そしていつの間にか、メンショフ(笑)
残念ながら勝てなかったシュレックだけど、昨年3位、今年2位ですから、来年は総合優勝?それにしても、コンタドール27歳、シュレックとカヴェンディッシュ25歳。これからこの3人の時代となっていくのでしょうか。

とりあえず、これで明日からゆっくり眠れますね。ブエルタが始まるまでは…
posted by ばりさく at 02:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレースなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157448092

この記事へのトラックバック