2008年03月24日

納骨だった

20080323noukotsu.jpg3月23日(日)

土曜日の夜から滋賀の実家に行く。今回は父のお骨の納骨ということである。
父が亡くなったのは今を去ること27年前なのだが、いろんな事情で分骨してもらったものを、これまた今回いろんな事情で縁あって比叡山延暦寺大霊園という所の一角に納骨することになったのだ。と言うわけで土曜日の夕方から実家に帰ったのであった。

日曜日は納骨と言うことで、車に乗せてもらってその大霊園へ。車でびわ湖大橋を渡り堅田からさらに山奥に入っていく。途中、「Blueberry Fields 紀伊國屋」という看板がある。なにこれ?と思ったが、後で調べたらどうやら農園とかもやってるレストランらしい。しかしなぜ「紀伊國屋」なのだろう…
やがて大霊園に到着。前に一度来ていたのだが、さすがお彼岸ということだけあって人が多い。なぜかカップヌードルとか食べてる人が多い。下からはバスでピストン輸送しているようだ。
しばらく時間まで待って納骨がしめやかに執り行われる。うちは浄土真宗なのでこれまで「南無阿弥陀仏」なのだが、この大霊園は比叡山だけあって、え〜と比叡山は天台宗ですね。雰囲気がまた全然違いますねえ。
曇り空で、雨の予報もあったのだけど、雨が降ることもなく無事終わった。

その後、車で実家に帰宅。家の中で食事会をやって一通り飲んだり食べたりした後、家まで帰ってきたのでした。
久しぶりに黒い服も着たので、ちょっと疲れた気分ですわ。
ラベル:日記
posted by ばりさく at 00:55| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック