2009年07月02日

外骨を見る!

帰って、テレビで録画していたのを見る。

NHK歴史秘話ヒストリア:さわるな危険!宮武外骨〜反骨の闘士 時代と格闘す〜

私の大好きで、尊敬する宮武外骨の話ということで、しっかり見てしまった。
宮武外骨の「面白いところ」とか「エロティックなところ」はかなり省略されて、サブタイトルの「反骨の闘士」という部分が強調されてしまった感はあるが、40分ちょいで宮武外骨をすべて語るのも難しいと思うので、こういう切り口はしょうがないのかも…

ちなみに、7月8日にもBS2(8:15)と地上波(16:05)で再放送されるので、気になる方は見てみられてはいかが?(^^)
posted by ばりさく at 01:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

「大橋照子のテルネット・イン」が放送終了

ラジオNIKKEIで放送されている「大橋照子のテルネット・イン」という番組のオープニングテーマとして、私の書いた曲がずっと使われてきたんですが、放送自体が9月末で終了ということで、テーマ曲としての役目を終えることになりそうです。
3年前の「テーマ・ジングルコンテスト」で優秀賞をいただいて一昨年の1月1日から番組のオープニングに使われ続けて早2年と9ヶ月。たぶん百数十回の放送で使っていただいたわけで、私にとっても唯一公に使われている自分の曲だけにちょっと寂しいですが…

ただ、放送に携わってる方々は今回のことできっと大変だったことでしょう。パーソナリティの大橋照子さんが書かれている「照子の部屋」の8月29日分には、
人生、常に夏のような日差しを浴びて順風にはいかなくて、落ち込むときは急に何の前触れもなく、落ち込んでいくことがありますね。
でも、何とか逆境を打破していく打開策を考えて、立ち向かっていかなければなりません。
私も今、その正念場に来ている・・・のかもしれません。
と書かれていて、その頃に現スポンサーさんからの話があったんだろうなぁ〜。その後、今の話がまとまるまで相当大変だったのだと思います。
今後は「リスナースポンサー」という形でラジオではなく携帯とかPCとかでの放送となるようですが、どのような放送になるか期待したいものです。
posted by ばりさく at 22:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

「大橋照子のテルネット・イン」がポッドキャスティングでも聞ける!

ラジオNIKKEI | 大橋照子のテルネット・イン

上にも書いてあるとおり、2007年4月より、私が作曲したオープニングテーマを使っていただいている番組、ラジオNIKKEIの「大橋照子のテルネット・イン」がポッドキャスティングでも聞けるようになったということです。
これまでも短波放送の他にインターネットのオンデマンドでも聞くことが出来たのだけど、さらに便利に聞くことが出来るようになったわけで、ありがたいことです(^^)

さっそく私も登録!ちゃんと聞けますねえ〜♪
posted by ばりさく at 01:41| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

た〜らこ〜、た〜らこ〜♪

なんか、最近流行っているようで。
梅田の紀伊国屋の前にあるBIGMAN、だっけ?あそこでいきなりこのビデオが流れていたのはびっくりでした(笑)

私がこの曲を聴いたのは「探偵ナイトスクープ」が最初だったのだけど(というか、テレビではこの曲はその時しか聴いてない)、まさかここまでウケるとは思わなかった(爆)

なんとなくスラブティックなメロディが不思議な感じ。そういや、「時の流れを忘れさせる時計」ともどことなく雰囲気が似ている?(笑)
posted by ばりさく at 01:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

「少しは、恩返しができたかな」のDVDが出たそうです

ラジオ日経で放送されている「大橋照子のテルネット・イン」(私の曲をオープニングテーマに使っていただいてます♪)のパーソナリティ大橋照子さんが原作の構成と文を行ったTBSドラマ「少しは、恩返しができたかな」のDVDが8月25日に発売になったということです。
すでにこのドラマを見たけどもう一度見たいという方、まだ見てないので一度見てみたいという方にはDVDで見ることができるということですね♪

以前うちのページでもご意見をいただいていろんな思いがあるのだな、と感じたのだけど、がんと闘った北原和憲君の前に生きようとする姿をつづったこのドラマが、いろんな方にとっての生きる力の糧となったらいいな、と思います。
posted by ばりさく at 01:45| 大阪 ☁| テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

そういや、ナイトスクープで、いかなごの釘煮が…

垂水観光推進協議会 垂水に春の訪れを告げるいかなご特集

3番目のネタとして出ていました。
それまであまり食べたことはなかったのだけど、最近は姫路在住のみくちゃんに毎年のように春に釘煮をいただくので、うちでもすっかり季節の味となった感があります。
が、実際にいかなごが売られている様子とか、作っているところなんてのは見る機会もなかったので、ふ〜む、と見ておりました。いかなごの歌「いかなごGO!GO!」も、歌そのものは知ってたのだけど、排水溝から聞こえるとは知らなかった(^^)

いかなご(感じでは「玉筋魚」と書くそうな)は関西でも神戸の垂水あたりから西のあたりのもので、主にそちらの主婦の方が釘煮を作られるそうですね。大阪とかではあまり聞かないような…。いつも行く立ち飲みの金盃では春に、いかなごの釘煮と、その生バージョンの新子が出てきます。新子は酢醤油に大根でさっぱり食べるのがまたこれはこれでおいしいですよ。
でも、あれだけたくさんのうちであんな大量の釘煮を作ってるとは。まさに神戸から晩秋地方にかけてのの春の香り、なんでしょうねえ。
上記のページにはレシピへのリンクが載っているので、いかなごを手に入れられたら作ってみてもいいのでは?

いかなごの釘煮、ごはんに、酒のアテに、なかなかグッドです(^^)
posted by ばりさく at 22:14| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

「探偵ナイトスクープ」のDVDが出るそうだ!


石田靖さんのブログで「あ〜、たこるくんと記念撮影してる。ええなあ〜♪」と思いつつ見てたら、

あっ、待望の『探偵ナイトスクープ』DVDが

6月に出るそうです

と書いてあったので気がついた。
アマゾンで内容を見てみると、やはりVol.1の先頭は伝説(ってほどのもんか?)の『謎の爆発卵』かっ!(笑)
しかし、どれも一通り覚えている私って(汗)

ネタ的にはまあまあ一通り、というか、まだ続編を作りたそうな感じの構成ですね。『探偵ナイトスクープ』のページにある「もう一度見てみたい調査依頼は!?ベスト10」のネタは1つもないし、パラダイス(爆)もアホバカ分布図もないし。
特に東京のような探偵ナイトスクープが五月雨&ゲリラ式にしか放送されず、たまにしか見れない(その放送をうっかり見逃したりもしている)人には特にお勧めかも♪
posted by ばりさく at 10:06| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

ドラマの話で…

うちでけんかになっている(^^;;

先日放送された「少しは、恩返しができたかな」に対するご意見が人によって違ってぶつかっているということなのだけど…。難しい話になってきた。
確かに今、この時点で多くの方ががんと闘って、苦しい中希望を持って生きようとしている。そのことを無視するわけにはいかないし、がんばって欲しいと思うのだけど、たとえ結末がなんであれ、一生懸命がんばった北原和憲君の思いを伝えたいという思いもあって、本になり、コミックになり、ドラマにもなったとも言えるわけで、これを安易に否定するのもちょっと悲しいものがある。
うちの子のようにたまたま健康体のくせに家でどてっと寝ているようなやつにはこういうのを見せて、爪の垢でも飲ませたいとも思うし…


冗談はともかく、確かにガンとの闘いは大変厳しいものだと聞いております。特に若年層のガンの場合、相当厳しいものになるのだという話ですね。
この北原君より少し前の話になるのですが、アメリカのサイクリスト、アームストロングが若くして生殖器のガンになり、生き延びる可能性も大変低い中を奇跡的に復活し、ツール・ド・フランスで史上最多の7連覇を昨年遂げた、なんて話もあります。
もちろん、ガンの治療中は放射線治療や各種抗ガン剤でとてつもない苦しみを味わったそうで、現実に自分が体験したことがないのだけど、おそらく大変なことだと思う。自分も胃が悪くて内視鏡検査を行った時には、その事を書いた本「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」を読み返して「もし、ガンが見つかってもがんばって生きよう」と思ったものです。実際にガンだった場合にほんとにがんばれたかどうかはわからないけど…

今のところ、全ての人がアームストロングのように復帰出来るとはかぎらないわけで、今、この時にもゆらぎつつある自分の命に重い不安を感じながら暗い病室の天井を眺めている人たちがいるのだなあ、と思うと確かにつらいものがあります。なんていうこと自体がのんきなのでしょうが…。

ただ、このドラマで本やドラマを作った人が伝えたいこと、というのも大事なことだと思うのです。それは死ぬとか生きるとかではない話なので(もちろんそれは大事なのですが)、結末をもってそのドラマを否定するのもどうかと言う気はします。
そもそもあらすじはすでにあちこちで公開されているみたいなので、そういう病人が近くに居られたらうっかりテレビで見てショックをうけないよう、注意してあげることも必要になるとは思いますが…。

もちろんこのドラマからあとの数年だけでもガン治療の技術も進歩してますし、アームストロングのように生き続けられる人もどんどん増えてます(うちの叔父叔母もガンになった者がいますが、今のところ元気に生きてます)。
今も闘病されている方が、精神的にも肉体的にも病に打ち勝って、すばらしい人生を送られることを祈るばかりです。
posted by ばりさく at 01:25| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

でも、ちょっと早すぎでしょう、これは…

悲劇から1年…JR福知山線脱線事故をフジテレビが初ドラマ化

で、金盃で飲んでいるときに、横の方が、「去年の福知山線の脱線事故がドラマになるらしい」、と。
帰って見てみると、確かにそういう話が、上記のリンクはサンスポなんだけど、確かに。
しかし、どうなんでしょう。脱線事故が4月25日に起きたのだけど、ドラマの放映は21日。もちろん遺族の方はまだ一回忌すら迎えてないわけです。そして、まだまだ沢山の人がこの事故で怪我をして、いまだにリハビリの最中の方もいらっしゃるのです。
今日、金盃でお話させていただいた方も働いてられる医療機関でそういう方を見てきた方のですが、「まだ早すぎる」と。みんなで、「東京のテレビ局だから、人ごとにしか思ってない」という話になってしまったのですが…。

この事故に遭った方の中には、現在の自分の境遇を受け入れられない方や辛いばかりの方もたくさんいらっしゃいます。まだまだこの方々、そしてその家族やご遺族の中には心の整理が着かない方も多いはず。
そんな中で本当にこんなドラマをやっていいのでしょうか、と思ってしまうのだけど…
posted by ばりさく at 00:01| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

「少しは、恩返しができたかな」を見てしまった…

TBSドラマ 少しは、恩返しができたかな

普段だと水曜日の夜は立ち飲みに寄ってふらふらと帰ってくるのだけど、今日はこのドラマがあると言うことで雨の中、まっすぐ帰ってきました。
前にもここに書いたのだけど、この話は事実を元にした話で、私が作った音楽をテーマ曲として採用させてもらっている番組のメインパーソナリティである大橋照子さんの友人の方(大竹しのぶさんがやってた役の方ですね)の話なので、勝手ではあるのだけど、近い話のような気がして…
番組でも大橋さんが「原作協力」という形でラストのテロップで紹介されてましたが、原作の本の執筆では深く関わっていたそうなのです。
(というのとは別に、やはり原作は読んでいただきたいものです)

で、番組開始直前に帰り着いて、そのまま見てました。
すでに原作は2回ほど見たので免疫はついてたと思ってたのですが、やはりぐっと来るものが…。私も父をガンで亡くしたのでわかるのですが、やはり不治を宣告されるとき、死を宣告されるとき、家族としてはいたたまれないものです。本人もきっとそれがわかるでしょうし、そんな時の本人のつらさはさらにものすごいものがあることでしょう。
それを乗り越えて闘った北原和憲さんのがんばりとそれをささえたご家族や多くの方々の思い、そういうものが本当に伝わってくるようなドラマでした…
posted by ばりさく at 00:22| 大阪 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

「少しは、恩返しができたかな」のドラマって、今週の水曜ですねえ…


いつの間にかTBSのドラマのページ、きれいになってるし(^^)

おそらく「テルネット・イン」のリスナーの方ならほとんどの皆さんがご存じだと思うけど、この本の構成と文をされたのが「テルネット・イン」のメインパーソナリティの大橋照子さん(ドラマのページには「原作協力」となってますねえ)。先週、3月11日〜12日の番組の大阪ツアーでお会いして来たのですが、この話ってその大橋さんの友人の方(著者の北原 美貴子さん)とお子さんの話なのですねえ。

なんてことを思うとすごく身近に感じてきて、ちょっと切なさが増してくるような話です。
posted by ばりさく at 17:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

いや〜、感動した(^^)

朝日放送 探偵ナイトスクープ

今日はナイトスクープ19周年の特別枠ということで90分の特別放送だったのだけど、その最後のネタの『ママチャリで福井へ行かせて!?』。通常の2倍かけたその話は滋賀の近江八幡の主婦が福井市の友達宅までママチャリでカニを食べに行くというネタ。食べに行くと言っても、近江八幡から福井まではまっすぐ行って140km。しかも途中で大雪に見舞われコース変更を余儀なくされながらも、最後まで走ってしまいました。最終走行距離180kmだそうで…(汗)
当然2日がかりで走ったのだけど、そもそもこの距離を走りきるのだけでもすごい。そして最後まで走りきったその姿には思わず感動してしまいました。こないだのそのまんま東さんのにも匹敵するようなすばらしいことだったのではないかと。
自分の最長走行距離よりも長い距離走っているので、こういうのを見ていると自分も走りたくなってしまう。時間がないのだけどね〜(^^;;

[CM]快適なサイクルライフへのいざないセレクトイット!!
posted by ばりさく at 01:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

そうそう、「少しは、恩返しが出来たかな」のドラマ放送日決定らしい

3月22日(水)午後9:00〜11:00だそうで。TBSのページではまだ放送日未定だそうですから、ひょっとしたら変わるかもしれないけど。
posted by ばりさく at 23:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疲労コンパイル?

NHK教育 サイエンスZERO

そういや、夕食の時にテレビをつけて見ていたら、NHK教育のサイエンスZEROという番組で「慢性疲労症候群」なる病気の話が出てた。なんでも「脳の中の『脳の疲れの見張り番』の機能が低下する」のだそうな。見ているうちに「やばいかな〜?」とか(汗)
でも、その後やってた「アルツハイマー病」もやばかったりしたらいやだったりして。

まあ、どちらにしてもなるようにしかならんと思うけど…
posted by ばりさく at 22:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

「雪の女王」の原作を見た…

0205yukino_joou.jpg
NHKアニメ劇場 雪の女王

うちは日曜日にニュースと大河ドラマを見る関係で、その間の番組もそのままNHKを見てたりします。昔の「クイズ日本人の質問」とか好きだったのだけど、最近はアニメばかりになってしまって。
去年からはアンデルセン原作の「雪の女王」をやっているのだけど、だんだん話がアンデルセンとは思えないようなSFファンタジーめいた感じになってきて「これはないやろ〜」とツッコミ入れそうになるのだけど、そういや原作をちゃんと覚えてないなあ…、と。
で、ちょっと前から「青空文庫」ならあるかもしれない…、と思いつつ見忘れてたんだけど、今日ようやく見に行ってみました。

あ〜、ちゃんとありますねえ。ここは著作権が切れた作家のものを中心に集めているわけですが、翻訳物の場合は翻訳者の著作権もあるため、古いやつしかないんですよね。
アンデルセンの「雪の女王」の場合は1950年に亡くなられた楠山 正雄さんの翻訳のものです。Web版はこちら。で、せっかくなのでZ22に放り込んで読んでみました…

う〜む、去年の秋まで長々とやってたあれはいったい誰が作ったのでしょうか(笑)
もちろん、原作の話をふくらませて新しいエピソードを作るってのもいいのでしょうけど。ストーリーが似ている部分もかなり内容的には違ってますね。妖精も出てこないし、ラギも出てこない。通りで記憶にないはず(笑)
「雪の女王」の城がある場所も原作には載ってました。スカンジナビア半島の北にあるスピッツベルゲン島にあるのだそうで。上の写真の真ん中にある島がそのスピッツベルゲン島。その真上、経線が集まっているところが北極点です。右がロシア、下がスカンジナビア半島、そして左がグリーンランドらしい。最北の島ですねえ。雪の女王の居城としてはいいかも、ねえ。

posted by ばりさく at 18:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

月曜エンタメ、見た♪

月曜エンタぁテイメント

夕べ書くのを忘れてたけど、しっかり飲んで帰った割には昨年末にお世話になった幸生さんがお出になるということでしっかり見てしまいました。月曜エンタメ。
しかし、占い師30人ですか。なんか凄いですねえ。占い方もいろいろだし。素人の私には、こんなのでほんとに占えるの?ってのもありましたが、ちゃんと修練を積んだ方ですから大丈夫なのでしょう。
そんな中、幸生さん、オープニングの紹介では30人目のトリで出演。番組中でもいかにも幸生さんらしいまじめな語り口でしっかりと話してられたのが印象的でした。
ただ、占い師30人。そして司会のみのもんたさんとタレントの方が話す時間もあるし、CMもあるし、で、ほとんどの占い師の方々ちょっと話しただけで終わりだったので、少し残念。
posted by ばりさく at 00:20| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

今週も月曜エンタメ、見ませう〜

テレビ大阪 月曜エンタぁテイメント 占い三十師アナタの未来大診断スペシャル!!

先週もこの番組、そのまんま東さんの自転車10Daysをやっているので録画して見たのですが、今週もこの番組を見ることに。というのも、今週のこの特集に占い師の小林幸生さんという方が出演されるので。
この小林幸生さんは実は「テルネット・イン」のリスナーでもある方で、去年の暮れに行われた公開録音の時も、彼が赤坂に構えている西風という占いサロンに伺わせていただいていろいろお世話になりました。もちろんきちんと占いを勉強されたということで、果たして番組でどんな占いをなさるのか、他の占い師の方の占いともども楽しみです♪

しかし、前回の時も思ったんだけど、テレビ東京の月曜エンタぁテイメントのページ、いつも「次回予告」のボタンが押せない。なぜ〜(涙)
posted by ばりさく at 23:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ/ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする