2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震…

3月12日(土)

昨日仕事をしていて3時前になって、そろそろ下のコンビニに飲み物でも買いに行こうかなと思ってた。私の仕事場は26階にあるのだけど、だいたいその時間頃に、エレベータで下りて1階にあるコンビニに買いに行くのがいつものことなのだ。
ところが、なにやら変な感じがする。ちょうど木曜日から仕事の関係で会議室の横の壁際の席に座っていたのだが、そのパーティションがギッギッとなりだした。
昼に散歩してたら風が結構強かったので、その後さらに風が強くなってビルが少し揺れているのかな?(風が強いと揺れることもある)と思ったのだけど、そのうち身体がふらふらと揺れ出した。あ、地震?と気がついた。

その揺れは徐々に強くなっていってビルがどんどんローリングしていき、パーティションのうなりがどんどん大きくなっていった。椅子に座って仕事をしていたのだけど、まるで船の中で仕事をしているように右へ左へと揺れる。そして揺れがなかなか収まらない。座っているうちに、船酔いのような揺れに気分が悪くなった人が続出した。私も座ってると酔いそうだったので、立ってふらふらと外を見る。外を見ると大阪の街は平穏無事だった。揺れの振幅が大きいおかげか、社内の物が落ちることもなかった。
一旦収まった揺れが、また戻ってきた。いったい何分ほど揺れていたのだろう。ずいぶん経ってようやくおさまった。慌ててインターネットを見た人たちが「震度7」と叫んでいる。それが「東北地方太平洋沖地震」だったのだ。

この揺れで、うちの会社のあるビルのエレベータが完全に止まってしまった。飲み物を買いに行こうと思ってたのに買いに行けず。それくらいならともかく、仕事で移動しないと行けない人は、階段を使って登り降りしていた。最上階の38階にあるレストランのコックさんが階段を上っていったらしい。
この後エレベータはずいぶん長く止まり続けて、6時頃になってようやく全機が回復した。きっと他のところでもエレベータが一斉にとまって、あちこち点検するのに時間がかかったのだろう。

でも、大阪にいたせいでそれくらいで済んで良かったのだ。
その頃東北では何十万もの人が地震の被害にあって、多くの方が犠牲になってしまった。関東でも東京タワーが曲がったり、九段会館の屋根が落ちたり、精油所が爆発したり、その夜の電車がほとんど止まったりと大変だったようだ。地震で原発の炉心溶融が起きたなんてこれまでにないような事故も発生した。
あまりに被害の規模が大きいので、まだまだこれまで知られていないような被害も出てくるかもしれない。

今度の地震はマグニチュード8.8(気象庁発表の暫定値、だそうです)。アメリカのUSGSでは8.9と報じられている。最近ではインドネシアを中心に大きな被害を出した2004年のスマトラ沖地震につぐ規模の、日本の観測史上最大の大地震。今の時点で余震もまだまだ続いていて、普通なら大地震の本震レベルの余震もまだ発生するのかもしれない。
死者・行方不明者は今の時点で1500人以上、いや、南三陸町では1万人以上の人が行方不明という報道もある。近年では最大級の災害になるのだろう。そして、あの津波になぎ倒され、火災で焼き尽くされてしまった街を見ると、ショックを隠しきれない。

そういや、2008年の秋に社員旅行で岩手の宮古の方まで行ったのだけど、あの時回った海岸も今はずたずたになっているのだろうなあ…

通り一辺倒な言い方だけど、そして、平穏な大阪の家の中でこんな事を書くのもあれだけど、謹んで、多くの亡くなられた方への哀悼の意を表したいとともに、今もおそらく生死の際にいる方々が助かって欲しいと願いたい。そして、被害にあわれた方々が、元気になって元のような生活に戻り、街が1日でも早く復興することを願ってやまない。


posted by ばりさく at 23:28| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

急にヒット数が増えたと思ったら…

火曜日くらいから急にここのヒット数が倍近く増えて、いったい何が起こったの?と思っていたのですが、以前ここで紹介させていただいた阿部司さんがテレビ東京の「ガイアの夜明け」に出られてたのですねえ〜

テレビ東京『ガイアの夜明け』「食の安心とは?
〜情報公開をめぐる 知られざる裏側〜」


以前ご紹介させていただいたページ:
阿部司「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」

まあ、番組をやってた時間は、奈良の片田舎でバスを待っていたわけで、全然見るなんて考えも及んでいませんでした(笑)

しかし、googleでも「阿部司」で検索すると前の方だったりするのでびっくりです。というか、阿部司さんのことはこれまでは一部ではよく知られていながら一般にはあまり知られていなかったのかも。
食の安全に関心が高まってくるのはいいことなんだと思います。こんなことで病気になったりしたくないもんねえ。ちゃんと考えてみれば、普段生活のなかで食べているものにかなりの割合で食品添加物が入っているのも確かなことです。

ただ、阿部さんもおっしゃってるように、「食品添加物」→「悪い」みたいな二元論的思考にならなければいいと思うのですけどねえ。食品添加物は安くおいしく手軽なものを作るのに十分寄与した面もありますし。これがないと食べられないという食品添加物もあります。
もちろん摂りすぎたら良くないものも多そうではありますが。
このへんをうまく調整して豊かな食生活を作ることが出来たら、一番最高なんでしょうけど。

でも、日本はだいたい「悪い」ということになったらみんな「悪い」に流れて行ってしまうからなあ…
posted by ばりさく at 21:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

今日は関西フィルのみどりの日コンサート♪


関西フィルハーモニー管弦楽団

曲目:
ラフマニノフ  交響詩「死の島」 作品29
長生 淳    サクソフォーン・クヮルテットとオーケストラの
        ための協奏曲
        「プライム−クライム−ドライブ」(世界初演)
ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(ラヴェル編曲)
指揮 藤岡 幸夫
サクソフォーン四重奏:トルヴェール・クヮルテット

今日は関西フィルのみどりの日コンサート、というか定期演奏会なんですけど、なので行ってきました。今回は姫路よりわざわざみくちゃんにも出てきていただいて、ザ・シンフォニーホールにご一緒していただきました。
ちなみに関西フィルのコンサートはしばしば演奏前に「プレトーク」というのがあり、指揮者自身で曲の解釈とか一部説明していただけるのでありがたいです。なかなか大変でしょうけど、他のオーケストラはやってるのかな?出来ればどこでもやってほしい試みです。

ずず〜んと重い「死の島」の後は、今回世界初演の「プライム−クライム−ドライブ」。日本人の現代音楽ということでいささか緊張気味で音が出るのを待ちかまえていたのだけど、ジャズとかテレビのテーマ音楽(長生さんは大河ドラマ「琉球の風」の音楽も担当されてます)みたいなのの複雑な感じ、で、聞いてて乗って聞けるような感じの曲でした。トルヴェール・クヮルテットのアンサンブルもすばらしかったし。ホールと自分の席(2階席)の関係でたまに聞こえなかったのがちょっと残念でしたが。あと、須川さんの青い服がなんとも不思議な感じ…。
アンコールにトルヴェールの惑星の中から1曲、これもすばらしいアンサンブルの曲を披露していただき、前半終了。

後半は「展覧会の絵」。これには「古城」のところで須川さんがソロを吹かれたので別途得した気分(^^)
今日は指揮者の藤岡先生、凄かったです。もう指揮台の上で飛び上がったり、踊ったりしてました。特に「バーバ・ヤーガ」、そして「キエフの大門」あたりは…。バスドラにも思い切りたたかせて、うっちゃあ〜、という感じ。
演奏後ロビーに出たら、その指揮ぶりについて話している人が何人もいました。みんなそう思うでしょうねえ。
しかし、久しぶりにオーケストラ聞いて、その音に酔ってたのでした〜♪
posted by ばりさく at 23:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツール・ド・ロマンディ 第3ステージはコンタドール、総合も奪取

ツール・ド・ロマンディ公式ページ(フランス語)

今日の第3ステージはビエンヌを出てレザンの頂上ゴールまでの164.6km。頂上ゴールだけに、終盤は厳しいレースとなり、バラバラになってゴールすることが予想された。
その最後の登りでコンタドール(リバティセグロス)がアタック、追走するバルベルデ(ケースデパーニュ)らが追走するが追いつかず、結局コンタドールは追走に24秒ほどの差をつけてステージ優勝した。ステージ2位にバルベルデ、3位にはバルベルデと同タイムでエヴァンス(ダヴィダモンロット)。
昨日のステージ優勝して総合リーダーだったホーナー(ダヴィダモンロット)はそれでも15位でゴールしたが、タイム的にコンタドールらから大きく遅れ、総合リーダーは今日ステージ優勝したコンタドールとなった。

明日は頂上ゴールではないものの、1級山岳が3つもある厳しいコース。果たして明日、どのように順位は入れ替わるのか?そしてウルリッヒは?別府は?どうなってしまうのだろう…
(ちなみに2人はどちらも22分6秒遅れで別府124位、ウルリッヒ125位…)
posted by ばりさく at 02:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

ツール・ド・ロマンディ 第1ステージ、マキュワンがスプリントを制す

ツール・ド・ロマンディ公式ページ(フランス語)

パイェルヌ〜パイェルヌの169kmの第1ステージ、序盤から逃げていたコニシェフ(チームL.P.R.)、一人で124kmを逃げまくったのだけど、残り20kmでダヴィダモン・ロットが引く集団に吸収されてしまう。それにしても超ベテラン(40歳!)のコニシェフ、まだまだ強い!
その後、雨に濡れる路面で何回もアタックがかかったが全てつぶされて、最後は集団スプリント。そのスプリントを制したのはマキュワン(ダヴィダモン・ロット)。2位にはロレンツェット(チームミルラム)、3位にはベンナーティ(ランプレ)が入ったようです。

それにしても、相変わらずマキュワン強いわ。ジロやツール・ド・フランスではペタッキやボーネンあたりとすごいスプリント勝負が見られそうです。今年はジロも生中継らしいので、楽しみ〜♪

総合はサヴォルデッリがリーダーで変わらず、今日のステージ優勝のマキュワンが総合2位に、そしてベンナーティが総合3位になっているようです。
posted by ばりさく at 01:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

阪急と阪神が合併したら…、どうなるのだろう…

阪急、阪神統合の狙いは… 週明けにも株取得方針決定へ


阪急神戸線と阪神本線の扱いはどうなってしまうのでしょうねえ。関西の人は知ってると思うけどこの2線、西宮あたりからずっと短い1km足らずの幅の間を平行に走って最後は神戸の三宮で隣どうしになってしまうのだけど(というかその先同じところを走るのだけど)、合併したらどうなるのかな?まさか片方廃線、とはならないでしょうから、阪急神戸線と阪急南神戸線?なんか変な感じですねえ。

そういや、かんべむさしさんのデビュー作『決戦・日本シリーズ』は、阪神タイガースと阪急ブレーブスが日本シリーズを戦うことになって、勝った方のチームの親会社のお祝い列車が負けた方のチームの路線をこれ見よがしに走るという、小説でした。
たとえば、阪神が勝ったら、阪急神戸線を阪神電車でお祝いしながらこれ見よがしに走る、反対なら阪神本線に阪急電車、ですね。
野球や電車のみならず、百貨店などグループ企業あげて阪神と阪急が対立するというなかなか面白い小説だったのだけど、阪急ブレーブスがすでになくなり、近い将来、阪神電車がなくなってしまったら、そのうちこの小説の意味がわからなくなってしまいそうだなあ…

あ、イメージがない…。古い小説だから、なあ…
posted by ばりさく at 01:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

バスク一周、第5ステージはヴォクレールとフォイクトのスプリント…

バスク一周公式ページ(スペイン語)

ライブ映像が始まったところで10人の逃げ集団。この10人で一番タイムがいいのはグリブコ(ミルラム)の3分45秒差。
途中最大6分以上差をつけられたが、徐々に追いつかれてゴール地点Zallaの町へ。今日も一旦ゴールを通過して一周回ってほんとのゴール。追走集団の先頭は総合リーダーのサンチェスのいるエウスカルテル。このチームがトレイン形成して集団を引くのもなんとなくバスク一周ならでは、かも(笑)

そのエウスカルテル勢の残り25kmのZallaの一回目でその差は3分21秒差まで縮まる。そして今日4つめの3級山岳ALTO DE AVELLANEDAではその差3分に。先頭集団からはフォイクト(CSC)、ヴォクレール(ブイグテレコム)、コボ(ソニエルデュバル)の3人がアタック、この3人で最後の3級山岳ALTO DE BECIへ。後ろの集団では何度もアンヘル・ゴメス(ソニエルデュバル)が逃げようとするが、それにあわせるようにサンチェスがすぐ後ろを追い逃がさない。集団に引き戻される。結局集団は先頭の3人から2分35秒差でALTO DE BECIを通過。そしてこの山頂を登ったら、基本的に下りでゴールまで行くことが出来る。

先頭は3人のまま再びZallaの町を目指す。残り3km足らずのところでフォイクト、ヴォクレール、フォイクトとアタックし、これでコボが脱落。2人のゴールスプリントとなる。フォイクトが先行、しかし、ヴォクレールが後ろから刺す。最後はタイヤ半分の差でヴォクレールが先にゴール、でステージ優勝。惜しくも負けたフォイクト、最後引かされたからかヴォクレールを蹴る仕草(笑)3位にはコボ。

サンチェスを含む総合上位の選手たちは2分30秒ほど遅れた集団でまとまってゴール。総合上位成績に変動はなく、サンチェスが総合リーダーで最終日のZallaでの個人タイムトライアル(24km)となる。さすがにサンチェスは厳しいかな?明日のお楽しみ〜、ですね(^^)
posted by ばりさく at 00:17| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

4月1日ネタ!プレミアムプラン捏造事件!

Seesaa ブログ、プレミアムプラン廃止のお知らせ

証拠写真付きで(笑)

で、

Seesaaとしましては、今回の事態を重く受け止め、プレミアムプランの廃止を決定いたしましたのでお知らせします。

以上。

とのこと。プレミアムプランを検討していた方、残念でした!(爆)
posted by ばりさく at 22:52| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月1日ネタ!すばらしいSeesaaのプレミアムプラン!(ぉぃぉぃ)

Seesaa ブログ、待望のプレミアムプラン設定のお知らせ

なんだかよくわからんが、凄いみたい。
なんと言っても「幹部」コース、なんだそうな(爆)

利用者の『東京都在住 S井さん(26歳)』もすごい。
って、利用後の写真、パパイヤ鈴木かと思ってしまった(笑)

費用もキャンペーン特価!だそうで(通常¥41,000,000の初期設定費が、今だけ無料!)、お金に余裕のある人はやってみてはいかが?
私はお金がないから「通常コース」だな…



ぉぃぉぃ、誰だい?ほんとに申し込もうとしている人は(爆)
posted by ばりさく at 01:20| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

フィンランド、初金メダルはならず

スウェーデンが3大会ぶり「金」 アイスホッケー男子

やはり冬季オリンピックは、アイスホッケーに尽きますよねえ〜(誰にゆうてんねん)

第三ピリオドの途中から見てました。てなわけで、得点シーンは見損なった(汗)しかし、さすが決勝、なかなか激しい試合でした。最初リードして一度おいついたフィンランドが第3ピリオドにまたスウェーデンに得点されて追いかける展開。最後はキーパーあげての6人攻撃で猛攻で攻めまくったのだけど得点できず、スウェーデンが優勝したのでした。良い試合でした〜♪
それにしても、スウェーデンってリレハンメルの時以来の金メダルなのね〜。あの時はたしかカナダと同点になってトリプルオーバータイムでも決勝点が取れず、最後はペナルティシュート戦となり、8人目で決まったという記憶が。確か最後のスウェーデンの選手が今大会にも出場しているフォルスバーグ、じゃなかったかな?カナダがカリヤで(違ったかな?記憶が曖昧です)
しかし、フィンランド、アイスホッケーのみならずいろんな意味で宿敵のロシアを破って決勝戦まで来たのだけど、惜しくも負けてしまいました。次の冬季オリンピックに期待。次ってどこだっけ?(爆)
posted by ばりさく at 00:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

またまた雨の一日、そして少しだけ春の香り…

雨の日と月曜日は…、の両方がいっぺんに来た感じの今日。さすがに仕方なくて傘を差しながら出勤。
京橋駅でも雨で、仕方なく仕事場のビルまで久々に屋根付きのプロムナードを通ったのだけど、狭苦しくて息苦しい。団子になって歩くおばちゃんたち、うっとおしい。傘を差してでもいつもの川沿いの道を歩いたらよかった…、と思ってしまった。

帰りにふらふらと金盃に(笑)
今日はお話しする人もいず、久々に静かモードで飲むことが出来ました。ここの店は本来こういう飲み方が出来るから、って来たはずだったのですけどね(^^;;
白鶴の樽の上にかごに入った緑のものが。ひょっとしてと思ってマスターに尋ねると、やはりふきのとう。マスターのログハウスのある篠山で取ってきたのだそうな。見ていると、あ〜、春がぁ〜…と思ってしまった。
葉っぱを取って日本酒にいれると春の香りがする、とマスターに言われて入れてみたのだけど、ちぎった葉っぱが小さすぎてあまり香りは…。小さな春、と行ったところでしょうか。
posted by ばりさく at 23:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

Seesaa、メンテナンスで止まります

Seesaaからのお知らせ - Seesaaサービス、サーバ増設に伴うメンテナンスのお知らせ

以下に引用した通りで、2月8日は午前中ずっとアクセス出来なくなるようです。
予定通り行けばお昼には見られると思います。
このメンテナンスでより快適になることを期待。

---------(以下、引用)--------------------
Seesaaでは、サーバ増設に伴うメンテナンス作業を実施いたします。
本作業は、最近のトラフィック増加によるサーバレスポンス低下を改善することを目的としております。

本作業に伴い、下記の時間帯にてSeesaaサービスの全てが利用停止となりますのでお知らせいたします。

■ 作業期間
2月8日(水) 午前02:00 - 11:00


■ サービス停止範囲
Seesaa ダウンロード、Seesaa ショッピング、Seesaa ブログ、アカウントの全サービス

本作業中は、Seesaaの全てのサービスがご利用いただけません。また、ダウンロード、ショッピング、ブログ、アカウントの全てのページが表示されません。

---------(引用終わり)--------------------
posted by ばりさく at 00:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

東横インも偽装、ですか…

社長、条例違反を認識 東横イン偽装ほかにも

なにはともあれ、仕事の関係で泊まったことのあるホテル(東横イン新横浜本館)が写真で出てきてびっくりしました。東横インはそれなりにいい感じのホテルだし、安くて無料で朝食も出るのでいいな〜、と思ってたんですけどね。
でも、今回の事はやはり条例違反。きちんと是正して、よりよい信頼のおけるホテルになってもらいたいものです。
posted by ばりさく at 22:50| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

全く他人ネタではあるのですが…

まずはコチラを…
キュート

続いてこれを…
おおおおおおをお!

酒が入っていたせいかもしれないけど、10分ほど笑い転げてしまいました(汗)
posted by ばりさく at 01:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

コルツ、今年もスーパーボウルに出場できず!

スティーラーズ、コルツ破って決勝へ NFLプレーオフ

パソコンが不調だったので昨日は書けなかったのだけど、AFCの第2試合スティーラーズ@コルツ、今期好調だったホームのコルツがまたプレーオフで負けちゃいました。しかも第3Q終了で21-3と大きく差を開けられていたのを最終クォーターで21-18まで追いついて、最後ギャンブル失敗を相手にファンブルさせてボールを取り返して、残り21秒でバンダージャクトのフィールドゴールがはずれてしまうという展開。
そういや、スティーラーズvsコルツといえば、何年か前のカンファレンスチャンピオンシップでの対戦で、残り2分くらいから激しい点の取り合いになって、最後はコルツのヘイルメリーパスが失敗に終わる、という試合もあったなあ…
NFCの方も接戦だったのだけど、アウェイのパンサーズがベアーズに対して終始リードを保って、こちらも28-21でアップセットの勝利。日曜日の試合はどちらもアウェイ側が勝つ試合になってしまいました。

これで、来週のカンファレンスチャンピオンシップはどちらも現地時間の日曜日で、

○AFC
 ・ピッツバーグ・スティーラーズ@デンバー・ブロンコス
○NFC
 ・カロライナ・パンサーズ   @シアトル・シーホークス

という顔合わせに。AFCの方はどちらもかつてスーパーボウルに何度も出場した名門と言えるピッツバーグとデンバーの対戦、一方NFCはこれまで1度しか出場していないカロライナ(前々回)に対してまだ1度もスーパーボウルに出ていないシーホークスという対戦になりました。
う〜、現地の日曜日は日本では月曜日で、平日で仕事があるからLIVEで見るのは不可能だなあ〜。録画で見ることになるでしょう(^^;;
posted by ばりさく at 00:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

ペイトリオッツ王座転落、スリーピートならず…

ペイトリオッツ、3連覇ならず 準決勝で敗退

AFCのディヴィジョナルプレーオフの第1試合、ペイトリオッツ@ブロンコスはGAORAの生放送で見ていたのだけど、ペイトリオッツ、相手に次々とインターセプトされて、すべて得点に結びついてしまった。ブロンコスの選手たちのプレッシャーと観客のノイズの激しさ、そして空気の薄さに負けてしまったのでしょうか。特に第3Qにブレイディのパスがベイリーにインターセプトされ、その後第4Qにはヴィナティエリのフィールドゴールがはずれて追い上げの雰囲気が完全に消えてしまった。
前の試合はジャガーズが自滅したのだけど、今回はそのジャガーズに勝ったペイトリオッツが自滅した感じ。これでペイトリオッツはスーパーボウル3連覇の夢が絶たれてしまいました。
一方NFCの方はシーホークスがレッドスキンズを徐々に引き離していって、終盤突き放して勝った試合のようです…。こうやってみると、AFCもNFCもここまでは順当勝ちという感じではありますが…

明日、ディヴィジョナルプレーオフの残り1試合ずつが行われ、今日と明日の勝者がいよいよカンファレンスチャンピオンシップで対戦することになります。さてどういう対戦になるのか、楽しみ♪
posted by ばりさく at 18:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

帰ってアニメ

帰って食事をしながらテレビを見ていたら、カートゥーンネットワークで昔の手塚アニメの「リボンの騎士」と「悟空の大冒険」をやってた。全部見ちまいました〜(^^;;
「リボンの騎士」はストーリーもののアニメなので今の人でもわかるだろうと思うけど、「悟空の大冒険」って、あんなに時代の雰囲気持ってたアニメだったのね〜。今の人にはついていけないでしょう。たまたま見たのが特にそうだったのかもしれないけど。
おそらくうちの子供にもわからないだろうな〜と思いつつも、時代の雰囲気を楽しんでました。だって、当時の野球中継とか、オリンピック(と言えば東京五輪!)の聖火のパロディとかですし〜(笑)
ドラえもんの声でおなじみ大山のぶ代さんとおぼしき声も…。そのころはオバQの声でしたけどね。なつかしい。
そんなことを思いながら見ているうちに、ひょっとしたら日本で一番すばらしかった時代は1960年代だったんじゃないかと思ってしまいました。あのころは(少なくともうちは)貧しかったけど、夢があったもんなあ…

なにはともあれ、「悟空の大冒険」のテーマの最初のところ、「スリー、ツー、ワン、ゼロ、どっか〜ん!」っての、いいなあ(笑)
posted by ばりさく at 01:10| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

「サウンドロゴ」は著作物でないの?

「サウンドロゴ」は著作物? 作曲家が住生提訴

昔作ったサウンドロゴを作曲者に無断で再使用したことに対して作曲者の生方則孝さんが住友生命を提訴したという話。
短いワンフレーズの曲でも、長大な交響曲とかオペラとかミュージカルなんかでも、苦労して作った1曲は1曲だと思うので、やはりこういう著作権は認めるべきなんじゃ?、というのは私も素人&いいかげんとはいえ作曲をやる身として感じてしまいますねえ。
ましてや住友生命のサウンドロゴはみんなよく知ってるフレーズだから、こういうのに認めなくてどうする、という気がするのですが。実際生方さんのブログによれば、同様に作曲した「三井のリハウス」については(これも皆さんご存じのフレーズですが)きちんと再契約完了したそうですし。
この生方さんのあげた声が作曲をする人たちにとってよりよい方向に向かっていき、どんどん良い作品が出来ていって欲しいなあ、と願うばかりです。

生方さんの主張は彼のブログの「uBuLOG=ウブログ 住友生命はCIサウンドロゴを著作物と考えていない。」を参照のこと。なお、住友生命側の主張はホームページには少なくとも現時点でなかったのでリンクできません。
posted by ばりさく at 22:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

関係ないのだけど…

警察庁 都道府県別交通事故発生状況(11月中)

列車や飛行機だったら『大惨事!』と報じられるほどの人数が、毎日交通事故で亡くなっているんですよねえ…
ちなみに11月の日本全国での交通事故死亡者数は651人。毎日20人以上が亡くなっている計算です。あまりニュースにはならないんだけどね…
列車で20人以上亡くなる事故があったら、それだけで大災害なんだけど。
posted by ばりさく at 00:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

昨日飲み過ぎたか…

夕べは樽・金盃、そして北海とはしごしてしまった。ないより、やはり日本酒5杯も飲んだ後にウイスキーというのは良くなかった。今朝起きたらそれなりに気分が不調でした〜。まあ、自業自得というやつで(汗)~
とはいいつつも、仕事に行ったら気分は復帰したのだけど、なぜかウイスキーのにおいがしているような気が。回りのにおいをかいでみたのだけど、どこにもそんなにおいはしなかったので、身体に染みついてしまっていたか?(涙)~
そんな中、バタバタと仕事をしてました。とりあえず区切りがついて明日からお客さんとこで仕事…
posted by ばりさく at 22:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

無意味にサイトを作ってみた…

意味もなく別にブログを作ってしまいました。
その名も、

ばりさく - 今日の行き帰りの音楽

趣旨は仕事の行き帰りに聞いた音楽を書いておくだけ。それだけです。
昔、gaiaxの日記の上につけてた「今日の帰りの音楽」を持ってきた、というイメージでしょうか。コメントもトラックバックもできないようになってます。
音楽と言っても、いわゆるクラシック系で、クラシック系と言っても普通のクラシックファンと呼ばれている人は聞かないような曲が多いです。
だから、ますます無意味なサイトなんだけど…。
posted by ばりさく at 01:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

中国にも「八宝菜」はあるらしいのだけど…

ぬくぬくBlog@信州FM 中国語講座19回目。

みくちゃんとこのを見ていて、どうなんだろうと調べてみた。
中国にも「八宝菜」という食べ物はあるらしいのだけど、あちらではどうやらお漬物らしい。どうやらこんな感じ。もっとも広い中国のことなので、ひょっとしたら地方によってはあるのかもしれない。というか、名前が違うだけの似たような料理は中国で食べたことあるような。

もっとも実は日本にしかない中華料理ってのはいくつかありますね。たとえば天津飯。昔テレビで見たのだけど、浅草かどこかの中華料理店がフーヨーハイをごはんに載っけて出したのが始まりだったと聞いたことがあったような…
日本では「餃子の王将」はじめ、東西を問わずお店でも家庭でも普通に見かける焼き餃子もあんまりない料理だと聞いたことがあります。あちらでは餃子と言えば水餃子だそうで。

「ところ変われば品変わる」というけど、中国にない中華料理とか、まだまだあるのかもしれませんね〜
posted by ばりさく at 00:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

なぜ、「くどうりさ」でヒットするんかい(爆)

BariWikiのページの上に「リンク元」というのがあって、BariWikiにたどり着く前のリンクのページが表示されるようになっているのだけど、それを見ているうちにMSNサーチから「くどうりさ」というキーワードで検索されてたどり着いてるのがあるのに気がついた。
しかし、「くどうりさ」なんて女性名で何か記事を書いた記憶もないしなあ、なぜだろう…、とMSNサーチで「くどうりさ」と入れて検索して見てみたら、びっくり…

BariBlog 〜 よしなしごと
りさくのBlog。毎日のいろいろな心に移りゆくよしなしごとや自転車ネタなど ... 汗)先生からは「診察もどうですか?」と言われたのだけど、待ちがすごいので辞退して帰らせてもらいました。 posted by ばりさく at 00:31| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | わたしネタ 2005 ...

太字(わかりにくいのでついでに赤くしてます)のところが検索の条件らしい。これだけで「くどうりさ」のキーワードでヒットしてる。しかもトップじゃん(爆笑)
その時のネタはこれなんだけど、いったいどういう検索エンジンだとこんな検索になるのやら、としばらく呆然でした。恐るべし、MSNサーチ
ちなみに「くどうりさ」さん(工藤里紗さん)はグラビアアイドルな方のようですが、うちのページたちにはなんの情報もありません。あしからず…(汗)

でも、これでまた無意味なヒットが増えるんじゃないかと、ちょっと心配…
posted by ばりさく at 01:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相撲で疑問に思ったこと…

しょーもない話ですが…

大相撲で対戦する片方の力士が休場した場合、出場している方が不戦勝、休んだ方は不戦敗、だったとおもうのだけど、もし両者とも休場になったらどうなるのだろう。両者不戦敗?

検索していたらこういう話もあるので、両者休場ってときおりありそうなのですが、このページにその結果が書いてないのでわかりません。
どうなんでしょうね〜(汗)
posted by ばりさく at 00:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

「タフミル」じゃなくて「タミフル」でした…

えっと、まさにお恥ずかしい話で申し訳ない。
これまでの記事で「タミフル」を「タフミル」と書いてしまっていました。うっかりミスです。ほんとに申し訳ない。それはそれでそれなりに気をつけていたつもりではあったのだけど。通りすがりさんのご指摘で今更ながらに気がつきました。通りすがりさんに感謝、です。
まあ「タフミル」の方が効きそうな気もするのですけどね(^^;;
「タミフル」の「フル」(flu)はインフルエンザの「フル」ですから間違えてはいけないですよね。お陰でgoogleで「タフミル」で検索すると、今現在ここがトップで表示されます。アホ丸出しでんがな(汗)

とりあえず載ってるところはなおしました。皆様には間違った情報を流してしまい、申し訳ありませんでした。

でも、うちの下には富山県のページとか読売新聞の地方面のページ(ここは直ってるけど)もある、ってことは、やはり間違えやすいのね〜(^^;;
posted by ばりさく at 00:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする